福岡相続相談所の無料相談予約はこちら 0120-947-626
メールでのお問い合わせ

障がい者控除 | 相続税のとびら

障害者控除とは?

障害者控除とは、85歳未満の障害者が相続人の場合に、相続税額から一定の金額が控除される制度です。

ポイントは、課税対象額から控除されるのではなく、納める相続税額自体から直接金額を差し引くことができる点です。

障害者控除の要件

1.相続または遺贈により財産を取得している

2.相続、遺贈で財産を取得した時に「日本国内」に住所がある

3.相続、遺贈で財産を取得した時に「障害者」である

4.相続、遺贈で財産を取得した人が「法定相続人」である

要するに、日本に住んでいる障害者の法定相続人がこの障害者控除制度の対象となります。

障害者の定義とは?

そもそも障害者にはどのような人が該当するのでしょうか。

国税庁サイトによると、障害者には一般障害者と特別障害者に区別されており、それぞれ次のような人と定義されています。

1.一般障害者

・精神保健指定医などにより知的障害者(軽度・中度)と判定された人

・精神障害者保健福祉手帳(2級・3級)の交付を受けている人

・身体障害者手帳(3級~6級)の交付を受けている人

・戦傷病者手帳の交付(軽度・中度)を受けている人

・6ヵ月以上寝たきりで重い介護を要する人で、
一般障害者と同等な障害を持つ者として市町村長等の認定を受けている人

・精神または身体に障害のある65歳以上の人で、
一般障害者と同等な障害を持つ者として市町村長等の認定を受けている人

2.特別障害者

・精神保健指定医などにより知的障害者(重度)と判定された人

・精神障害者保健福祉手帳(1級)の交付を受けている人

・身体障害者手帳(1級・2級)の交付を受けている人

・戦傷病者手帳の交付(重度)を受けている人

・原子爆弾被爆者で厚生労働大臣の認定を受けている人

・6ヵ月以上寝たきりで重い介護を要する人で、
特別障害者と同等な障害を持つ者として市町村長等の認定を受けている人

・精神または身体に障害のある65歳以上の人で、
特別障害者と同等な障害を持つ者として市町村長等の認定を受けている人

いくら控除できるのか?

控除される税額は、次の計算式によって求めます。

・一般障害者の控除額=(85歳-相続した時の年齢)×10万円

・特別障害者の控除額=(85歳-相続した時の年齢)×20万円

※相続した時の年齢は、1年未満の端数を切り捨てます。85歳まで1年未満のときは、1年として計算します

お客様の声
  • 資料を揃えた…

    満足度:大変満足している 資料等をそろえるのは大変でしたが、その後は事務所さん任せで何もすることはありませんでした。 また今回は初っ端と最後にも税務署への対応もして頂き大変助かりました。ありがとうございました。
  • 実際のお手続…

    満足度:大変満足している 相続税がかかることをネットで調べ、複雑な上、納税後数年してからの税務調査が怖いなと思ったことと、橋脇誠税理士事務所様がネットで見た時分かりやすい説明記載と相続税手続きの経験豊富さと、価格も表示されいた為安心感がありました。初めてお電話した時ドキドキしましたが、ていねいなご対応を頂き、行ってみようと思いました。初訪問も具体的な説明で安心感がありました。  価格もとても想像以上にお安くして頂き、追加料金の後から請求もなく安心していました。実際のお手続きやこちらの質問や要望にも迅速にていねいにご対応頂き、本当に心から感謝しております。  相続税の手続き、うちは複雑だったと思いますが本当にありがとうございました。  夜遅くまでメール頂いて本当に感謝しております。ありがとうございました。  これから他に相続手続きがある方がいらっしゃいましたらお勧めさせて頂きます。本当にありがとうございました。
  • 大変で面倒と…

    満足度:大変満足している 自分で申告をすると大変で面倒と聞いていましたが、特にする事もなく助かりました。ありがとうございました
お客様アンケート一覧についてはコチラ
よくご覧いただくコンテンツ一覧
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP