福岡相続相談所の無料相談予約はこちら 0120-947-626
メールでのお問い合わせ

令和2年11・12月号 居住用不動産の贈与

婚姻期間20年以上の夫婦の間で居住用不動産または居住用不動産の購入資金の贈与が行われた場合には、贈与税の基礎控除の他に最高2,000万円までが控除されます(配偶者控除の特例)。

適用要件

適用を受けるための要件は次の通りです。

〇婚姻期間が20年以上(贈与時点で判定し、年数の1年未満は切り捨てます)の夫婦間での贈与であること

〇贈与する財産は、居住用不動産か居住用不動産の購入資金(金銭)に限られること

〇贈与を受けた配偶者は、贈与を受けた年の翌年の3月15日までに、その贈与を受けた居住用不動産あるいは贈与された資金で取得した居住用不動産に実際に居住し、以後も引き続き居住する見込みであること

※居住用不動産とは次のようなものです。
1.居住用の家屋とその敷地 2.居住用の家屋のみ 3.居住用家屋の敷地のみ(この場合はその土地上の家屋の名義が贈与者である配偶者か同居の親族であること)

申告手続き

贈与を受けた年の翌年の21日~315日の間に贈与税の申告が必要です。

次の書類を添付して贈与を受けた人の住所地の所轄税務署に申告します。

1.贈与税の申告書

2.戸籍謄本(抄本)および戸籍の附表の写し(贈与を受けた日から10日を経過した日以後に作成されたもの)

3.贈与を受けた居住用不動産の登記事項証明書その他の書類でその居住用不動産を取得したことを証するもの

※金銭ではなく居住用不動産の贈与を受けた場合には、上記の書類のほかに、その居住用不動産を評価するための書類(固定資産評価証明書など)が必要となります。

お客様の声
  • 資料を揃えた…

    満足度:大変満足している 資料等をそろえるのは大変でしたが、その後は事務所さん任せで何もすることはありませんでした。 また今回は初っ端と最後にも税務署への対応もして頂き大変助かりました。ありがとうございました。
  • 実際のお手続…

    満足度:大変満足している 相続税がかかることをネットで調べ、複雑な上、納税後数年してからの税務調査が怖いなと思ったことと、橋脇誠税理士事務所様がネットで見た時分かりやすい説明記載と相続税手続きの経験豊富さと、価格も表示されいた為安心感がありました。初めてお電話した時ドキドキしましたが、ていねいなご対応を頂き、行ってみようと思いました。初訪問も具体的な説明で安心感がありました。  価格もとても想像以上にお安くして頂き、追加料金の後から請求もなく安心していました。実際のお手続きやこちらの質問や要望にも迅速にていねいにご対応頂き、本当に心から感謝しております。  相続税の手続き、うちは複雑だったと思いますが本当にありがとうございました。  夜遅くまでメール頂いて本当に感謝しております。ありがとうございました。  これから他に相続手続きがある方がいらっしゃいましたらお勧めさせて頂きます。本当にありがとうございました。
  • 大変で面倒と…

    満足度:大変満足している 自分で申告をすると大変で面倒と聞いていましたが、特にする事もなく助かりました。ありがとうございました
お客様アンケート一覧についてはコチラ
よくご覧いただくコンテンツ一覧
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP