福岡相続相談所の無料相談予約はこちら 0120-947-626
メールでのお問い合わせ

数年前に亡くなった親名義の土地がある場合の相続税申告

ご相談いただいた時点での状況

お母様が亡くなられたということで、相続税申告の可能性があるかも知れないということで、ご相談をいただきました。

相続人となる方はご相談者様のみという状況でしたが、相続財産として預貯金の他に数年前に亡くなったお父様の名義となっている土地があり、この土地が相続財産として含まれるのかが心配で専門家への相談を希望されておりました。

 

ご相談内容に対しての当事務所からの提案と結果

預貯金に関しては、お母様の名義となっている財産でしたが、お父様名義の土地については、そのままお父様名義のままとし、お母様の相続税申告の際には、預貯金のみを相続財産として、申告をする事を提案いたしました。

また相続人は、ご相談者様1名ですので、当事務所の料金における相続人1人プランでの提案をいたしました。
結果として、当事務所にご相談いただき、無事に相続税申告を終えることができました。

専門家からのワンポイントアドバイス

亡くなったお父様が所有していた土地の扱い

ネットで調べられている方はご存知のことが多いかと思われますが、サイトによって色んな書き方をされていますので、悩まれることが多いかと思われます。

特に多く思われているのは、1/2は相続財産になるのではないかと考えられているケースですが、今回のケースでは相続財産として含まれないと考えられます。

ただ申告期限までに遺産分割協議をしていないからですので、自分がもらったという遺産分割協議をしないといけません。

数年前に亡くなったお父様の相続税申告

今回のケースでは、あまり触れられていないことですが、相続財産は親の世代から代々受け継がれるものですので、今回亡くなられたお母様の前の相続に関しても基本的には相続税申告の対象となる可能性が高いです。

そう考えると相続財産からお父様にも相続税申告の必要があった可能性があります。特に3・4年前になってくると申告漏れの可能性がありますが、7・8年前であれば、税制改正前なので、控除内の可能性が高いです。

申告漏れとなった場合は、ペナルティが発生するので、申告漏れの可能性がないかはチェックが必要となりますので、もれなくチェックができる専門家への相談をおすすめいたします。

お客様の声
  • 先生にお願い…

  • 質問に対して…

  • なるべく早く…

お客様アンケート一覧についてはコチラ
よくご覧いただくコンテンツ一覧
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP